主人からのクリスマスプレゼントの、クロスバイクが届きました。

 届いた日から、毎日、乗る練習をしていましたが、ギアを変換するときに、時々チェーンが頻繁に外れたりしたので、主人によく見てもらったら・・チェーンのピン?が外れそうになっていました。
 購入したお店に問い合わせたところ、すぐに交換してくださいとのこと。(もちろん代金・工賃はお店もち)仕方がないので自宅から一番近い「あさひ自転車」に持っていき、交換してもらいました。

 なんだか、ちょっと、自信の無くなってしまったアスペ子です。


4d2fa6c9d0495ad5a49b956db66a1780_s.jpg


スポンサーリンク


 チェーンを交換してからは、快適に乗ることができました。

 が、やはり、アスペルガー症候群の特徴が出てしまう時があって、主人に言われた注意事項を忘れたり、ギアの位置についても自分のこだわりを持ったり、できないことをできると思い込んだり・・いろいろ出てきてしまっています。

 新しいチェーンに変えて、また外れました。これはアスペ子の思ったことですが、スピードの感覚がよくわからないのにギアを変えているので、チェーンが空回りしてしまったり、外れてしまったりしているのではないかと思いました。
 ある程度のスピードがないとギアを変換できないのに、低速でギアを変換しているのです。

 もしかしたら、またチェーンをダメにしてしまうかもしれない・・という恐怖感がちょっとだけ出てきてしまいました。


 またある日の練習の時は、右に壁、前方から車という状況になった時、アスペ子は壁に当たってしまい、バランスを崩して左側に自転車ごと転んでしまいました。
 アスペ子が先に倒れたので、自転車は何事もなかったし、前方の車もまだ先の方にいたので轢かれませんでしたが、車がアスペ子に注意していなかったら・・

 あとは、左側に倒れたので、アスペ子が自転車を庇う形になったので、右についているギア?は無傷でした。その代わり、アスペ子の左の膝小僧が擦り剥けてしまい、ジーンズが少しすれてしまいました。あとでジーンズをめくって見たら、なんと膝小僧から血が出ていました。

 転んで膝を擦りむくなんて、子供の時以来?・・なんて思ったりして自分で苦笑いしてしまいましたが、涙こそ出ませんでしたが、なんて不器用なんだろうか、なんでうまく自転車に乗れないのだろうかと、気持ちが沈んでしまいました。


 以前でしたら、ここでセニランを飲んで寝たり、うつ状態になるアスペ子でしたが、この日は違いました。
 間違ったことをしていたからうまくいかなかったんだ、次からは無理をせずに、練習しよう!と思うことができました。

 なぜならば、もちろん主人からのクリスマスプレゼントだということもありますが、自転車に乗ることがとても楽しいからです。
 そして、第一目標のあと半分の「主人の自転車」が購入できたら、一緒にいろいろなところに行く楽しみが待っているからです。
 だから、これからは、無理をせず、適切な乗り方で練習に励もうと思っています。


 それにしても膝小僧を擦りむくなんて、ジーンズだったからよかったものの、もう少し薄いものだったら・・前方の車がスピードを出していたら・・と思うと、本当に安全運転と、自転車になれるということが大切だと、身にしみました。

 それと・・自転車に乗っていても、アスペルガー症候群の特徴が出てきてしまうんだと痛感しました。こればかりは手立てがないですので、自分でしっかり安全に乗らないといけないなと痛感しました。


 基本的には雨の日は自転車に乗りません。晴れか曇りの日に、30〜45分練習をしています。
 幸い、家の周りは長い農道があったり、上り坂があったりするので、練習にはもってこいです。
 特に上り坂などでは、毎日やっているスクワット効果も出ているみたいです!継続は力なりですね。

 これからは主人に心配をかけないように、本当に無理をせず、安全運転で練習を重ねていこうと思います。



スポンサーリンク