アスペ子は忘れっぽいので、このカテゴリーでは減薬の覚書を書いていこうと思います。


e18687863d6243e431a9fe873fd3df81_s.jpg


スポンサーリンク

夕食後
 デパケン 1錠を飲まなくなる
      1日4錠から3錠に減らす(飲むのは朝食後・昼食後・寝る前に1錠ずつのみ)


朝食後・夕方
 ボラキス 1錠を飲まなくなる
      1日2錠から1錠に減らす(飲むのは寝る前に1錠のみ)


夕食後・寝る前
 自主的にセニランを飲むことをやめてみた(飲むのは朝食後・昼食後に1錠ずつのみ)
 セニランは常時、頓服として使用する



2月10日(減薬1日目)
・朝はとても快調に起床できた
・時間が経つにつれて、薬を減らしたらどうなるのか、不安、うつ状態に戻ってしまうような感じがした
・何かあったら頓服のセニランを飲むことを忘れる
・表には出てこない小さなイライラが胸に出てくる
・セニランを1錠飲む


2月11日(減薬2日目)
・朝はとても快調に起床できた
・減薬一日目に比べて、多少は落ち着いていられた
・日中また頓服のセニランを飲むのを忘れる
・夜になる頃にはまた心配性になる
・気持ちの変化が右肩下がりになっていると感じる
・夜、頓服のセニラン1錠を飲む


2月12日(減薬3日目)
・朝はとても快調に起床できた
・夜中の尿もれもなかった
・15時30分頃にセニランを1錠飲む
・夕食後、アスペルガー症候群の喜怒哀楽が出る
・イライラなどはなし


2月13日(減薬4日目)
・朝はとても快調に起床できた
・夜中、トイレのドアの前で少し尿もれ
・午前中は、魚水槽の水換えを普通にできた
・夕食の準備前に、パソコンの操作で慌ててしまい、手が震えてしまったので、頓服のセニラン1錠を飲む
・特にパニックやイライラはなかった


2月14日(減薬5日目)
・朝は二度寝をして、多少ゆっくり起きたが焦らなかった
・夜中のトイレでは尿もれはなかった
・日中は穏やかに過ごせた
・夕食を作ることが億劫になってしまい、17時頃からイライラしたので頓服のセニランを1錠飲む
・寝る前に、主人に「アスペは嫌だ」と言う
・気持ちが空っぽのようになってしまったが、就寝前に明るいことを考えながら寝ようと思い、寝付く


2月15日(減薬6日目)
・朝はとても快調に起床できた
・夜中のトイレでは尿もれはなかった
・午前中、主人と二人で自転車で買い物に行き、私は初めての二人での自転車での移動がとても楽しかった
・夕方、眠くなったが起きていた
・久しぶりに主人が夕食のメイン料理を作ってくれて嬉しかった
・時間に追われない一日と、主人とゆっくり過ごせたので、午後から就寝まで穏やかな気持ちで過ごせた
・頓服用のセニランは飲まなかった


2月16日(減薬7日目)
・朝は目覚ましなしで、ゆっくり起きたので、とても快調に起床できた
・夜中のトイレでは尿もれはなかった
・夕方、眠くなるが、夕食の用意が近いので仮眠せずにいた
・頓服用のセニランは飲まなかった


2月17日(減薬8日目)
・朝は目覚ましで起きられなかったが、気持ちのイライラなどはなかった
・夜中のトイレは行ったかどうかわからなかったが、尿もれはなかった
・日中は、主人とスーパーに買い物に行っただけでずっと家にいたが、特に調子は崩れなかった
・夕方、眠くなるが起きていた
・頓服用のセニランは飲まなかった


2月18日(減薬9日目)
・朝は目覚ましで起きられ、気分は普通
・夜中のトイレでは、ドア前で少しだけ尿もれ
・寒暖の差があり寒かったが、特に頭や気分の変化はなし
・日中は主人が仕事だったので、自分のしたいことをしたが、午後になって少し頭痛がした
・頓服用のセニランは飲まなかった
・1日を通して、特に調子は崩れなかった


2月19日(減薬10日目)
・朝は目覚ましで起きられ、気分は普通
・夜中のトイレでは、ドア前でほんの少しだけ尿もれ
・日中は主人が仕事だったので、自分のしたいことをした
・夕食のメインを主人が作ってくれて嬉しかった
・夕方、少しモヤモヤしたが頓服用のセニランは飲まなかった
・夕食時に、アスペルガーの特徴(動悸や手の震えなど)が出てしまった
・夕食後は落ち着いたが、風呂に入った時にまたアスペルガーの特徴が激しくなったので、すぐに頓服用のセニランを2錠飲んだ
・就寝時には、気分も落ち着き、よく眠れた


2月20日(減薬11日目)
・朝は目覚ましなしで起きられ、昨夜の気分も引きずっていなかった
・午前中、主人と自転車でサイクリングをして楽しかった
・昼食後、頭が痛くなってきたので、頓服のセニランを1錠飲み、2時間仮眠をとった
・アダルトチルドレンの克服方法に悩む
・起きてから就寝までは、普通


2月21日(減薬12日目)
・朝は目覚ましで起きた。気分は普通
・午前中、主人と自転車で買い物に行く
・15時頃に少し頭痛があったので、頓服のセニランを1錠飲んで1時間仮眠をとり、スッキリする
・起きてから就寝までは、特に問題はなし


2月22日(減薬13日目)
・朝は目覚まし前に起きた。気分は普通
・1日を通して、特に問題はなし
・夕方、頓服のセニランを飲まずに仮眠を1時間とった
・昼食が量が多めの外食だったので、夕食は食べられなかった
・起きてから就寝までは、特に問題はなし



●2月23日(減薬14日目)からは、減薬の薬のに対しての問題なし

●時々、トイレ前で尿もれあり

●自分の意志で頓服のセニランの使用方法(そのまま起きていたり、仮眠をとったり)ができるようになってきた感じがする


 約1ヶ月で、だいぶ減薬に慣れました。というよりも「減薬、減薬」と意識しないで、普通の生活がおくれるようになったという感じがしています。
 次回の診察日に、心療内科の先生にここに書かれたメモを渡し、参考にしてもらおうと思います。

 それにしても、約3年間、飲み続けていた薬を減らしていくのは大変なことだと実感しました。いかに体が薬を頼りにしていたかがわかりました。
 でも、薬がなければここまでの月日が送れなかったわけですから、やはり薬にも感謝です。



スポンサーリンク