もう随分と前に「アダルトチルドレン」という言葉が世の中に出ました。

 その時の私は何歳くらいだったでしょう・・まだ結婚前のことでしたから、20歳代後半くらいだったと思います。

 その時には「大人になりきれない人のこと?」などと思い、深く考えたこともなく、ましてや自分に関係することだとは思いませんでした。


4c5a73464e210968ee98a72f894daefb_s.jpg


スポンサーリンク

アダルトチルドレンとは?


 アダルトチルドレン(Adult Children)とは「機能不全家庭で育ったことにより、成人しても、なお内心的なトラウマを持つ」という考え方、現象、または人のことを指し、精神疾患名(病名)ではありません。

 しかし、うつ病・パニック障害・社会不安障害などの精神疾患を有している人たちがいたり、境界性パーソナリティ障害・自己愛性パーソナリティ障害・強迫性パーソナリティ障害などのパーソナリティ障害を有している人たちがいる。

 一般には「親からの虐待」「アルコール依存症の親がいる家庭」「家庭問題を持つ家族の下」で育ち、その体験が成人になっても心理的外傷(トラウマ)として残っている人を言います。


 アダルトチルドレンには、主に4つのタイプがあります。

●マスコット(ピエロ、クラウン、道化師):おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ
  外面 - 過度にかわいく子どもっぽい、家族の笑いと関心の対象、か弱くて保護を必要とする
  内面 - 自己評価が低い、恐れ、孤独、無力感
  言動 - ふざけ、ユーモア
  弱点 - ひょうきん、ストレス処理が下手、いつもヒステリー寸前
  長所 - 人あたりがいい、良き友人となる、頭の回転が速い、ユーモアのセンスがある、有能

●ケア・テイカー(世話役):親や周囲の面倒を見てきたタイプ
  外面 - 優しい子、思いやりのある子、聞き上手
  内面 - 自信のなさ、責められてると感じやすい 、正当な欲求を押し殺す
  言動 - 周囲の役に立つように頑張る、困っている人を放っておけない
  弱点 - 自分がない、一線を引けない、依存されることを追い求める
  長所 - 努力家、責任感、道徳感に秀でる、世話見がよい

●ヒーロー:家族の期待を一身に背負ったタイプ
  外面 - 小さな親、小さな大人、生真面目、努力家
  内面 - 心の傷、不適応感、罪悪感、過剰な自尊心
  言動 - 他者に自分の評価を押し付け尊敬を得ようとする
  弱点 - 仕事依存、依存的な人と結婚、人を支配し操作、完全主義
  長所 - 自身の失敗を許容、自己に厳しく他者に寛大、管理職の適性

●スケープ・ゴート(身代わり):家族の問題を行動化するタイプ
  外面 - 反抗的、陰気、反感を買う行動、張り合わない
  内面 - 心の傷、見捨てられ感、怒り、拒絶、不適応感、低い自己評価
  言動 - 問題を起こし注目を集める、自虐自傷自罰行為、自暴自棄
  弱点 - アルコール等依存傾向、問題児、年少妊娠や犯罪の傾向
  長所 - 現実の直視、立ち直る勇気、人を助ける力

●ロスト・ワン(ロスト・チャイルド、迷子、いなくなった子):存在しないふりをして生きのびたタイプ
  外面 - 顔を見なくても誰も気にしない、無口で陰気
  内面 - 孤独、傷つき、見捨てられ、恐れ、あきらめ、挫折感
  言動 - 少なくとも手がかからない、心配させないという意味では良い子
  弱点 - 優柔不断、孤独、「NO」と言えない、行き当たりばったり
  長所 - 自立している、才能豊かで創造的、はっきりしていて決断力に富む

 出典元 Wikipedia


アダルトチルドレンの受け止め方


 もう少しわかりやすく、砕けた解説もありました。
 「大人になっても生き辛さを抱えるアダルトチルドレンとは


 他にも「アダルトチルドレンかもしれない」という方向けの「チェックシート」がネットで検索すると出て来ます。
 例えば、チェックするものの中に、「『○○しなければならない』『○○すべき』がとても強い」「極端なネガティブ思考である」「物事を多面的にみることが出来ずに「こうするしかない」と思い込みやすい」「リストカットの経験がある」「喜怒哀楽、それぞれの感情に感じられないものがある」「自分の気持ち、自分のしたいことがよくわからない」などがあります。



 ではアダルトチルドレンの克服方法はあるのでしょうか?
●自分がアダルトチルドレンだと認める
●自分がどんな家庭環境の中で育ったかじっくり向き合い、真実を認める
●物事を自分自身で選択し、行動し、結果を受け入れる(物事には必ず2つ以上の見方がある)
●物事の選択肢を広める
●好きなこと、やりたいこと、力を抜く時間、安心できる居場所を探す
●アダルトチルドレンという言葉にあまりとらわれない



 簡単ですが、アダルトチルドレンに関して調べてみました。
 一言で「アダルトチルドレン」と言っても、人それぞれ、十人十色のケースがあることに驚かされます。
 そして、アダルトチルドレンから逃れられない人たちが、今もなおもがき苦しんでいることに、危機感に似たような気持ちになりました。


スポンサーリンク