今回は、幻聴の傾向があったので、今までの薬の他に増薬がありました。

 増薬は仕方がないですが、幻聴に効果があるのであれば飲んだ方がストレスもなくなり、うつ病にもならなくなり、私は増薬してもらえて良かったと思いました。


38f38c9fb6c6c620491a3de7e7f74960_s.jpg


スポンサーリンク

表示されている量(g・mg)はアスペ子が1日に飲む量です。



 増薬になって処方された薬は、赤くしてあります。

 ・デパケンR錠800mg(脳に作用・興奮を鎮める・憂鬱な気分を改善)
 ・セニラン錠4mg(抗不安薬・不安や恐怖・強迫を和らげる)
 ・レクサプロ錠20mg(憂鬱な気分や不安な気分を改善)
 ・グッドミン錠0.25mg(催眠作用)
 ・フルニトラゼパム錠1mg(脳に作用して不安や緊張を和らげ眠りを持続させる)
 ・トラゾドン錠25mg(抗不安・鎮静作用・憂鬱な気持ちや落ち込んでいる気分を和らげる)
 ・サインバルタカプセル20mg(憂鬱な気分や不安な気持ちを改善)
 ・アローゼン顆粒0.5g(大腸刺激性下剤・便秘がひどいため)
 ・ファモチジン錠20mg(胃酸ならびにペプシンの分泌を抑制)
 ・ポラキス錠2(2mg)(膀胱の収縮を抑えることで頻尿を改善)
 ・エビリファイ錠(1mg)(気持ちの高ぶりや不安感をしずめ、また停滞した心身の活動を改善)


 これを毎日、朝・昼・夜・寝る前に分けて飲んでいます。

朝食後
・デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
・サインバルタカプセル20mgを2錠
・セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠
・ファモチジン錠「サワイ」20mg(=ガスター)を1錠
・ポラキス錠2(2mg)を1錠
・エビリファイ錠(1mg)を1錠

昼食後
・デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
・セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠

夕食後
・デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
・レクサプロ錠10mgを2錠
・ファモチジン錠「サワイ」20mg(=ガスター)を1錠
・エビリファイ錠(1mg)を1錠

寝る前
・デパケンR錠200mg(=バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgアメル)を1錠
・グッドミン錠0.25mgを1錠
・フルニトラゼパム錠1mgを1錠
・トラゾドン錠25mgを1錠
・ポラキス錠2(2mg)(膀胱の収縮を抑えることで頻尿を改善)

その他
・便通の悪い時に、アローゼン顆粒0.5g
・外出や自宅でもどうしても耐えられない状況になった時に、セニラン錠2mg(=レキソタン2)を1錠



スポンサーリンク