4月から、1日2回「エビリファイ 1mg 」が増薬されました。

 幻聴があったためなのですが、薬を処方されて良かったです。

 ストレス、睡眠障害、うつ病などに多大な影響を与えていたので、極度の不安症の一歩手前まで来ていた私です。


6bec9f214acaae8c65af49ea354102d9_s.jpg


スポンサーリンク

朝・夕食後
 エビリファイ( 1mg )を1錠ずつ飲む



エビリファイとは
心の具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

作用として、気持ちの高ぶりや不安感をしずめ、また停滞した心身の活動を改善します。こうした作用から、強い不安感や緊張感、興奮状態、うつ状態などさまざまな精神症状に応用されています。

働きとして、脳内の情報伝達系の混乱を改善します。おもな作用は、ドーパミンという神経伝達物質の働きを調整することです。統合失調症の陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)の両方によい効果を発揮します。
また、うつ病にも適用します。気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、不安、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。
さらに、小児期自閉スペクトラム症(自閉症、アスペルガー症候群等)の易刺激性にも使えるようになりました。易刺激性の具体的症状として攻撃性や自傷行為があげられます。

副作用として、比較的多いのは、そわそわ感、じっとできない、手足のふるえ、こわばり、不眠または眠気、傾眠、不安感、頭痛、めまい、吐き気、便秘、体重増加などです。軽いものがほとんどですが、体重の変動は糖尿病発症のサインのこともありますので注意が必要です。そのほか、女性ではプロラクチンというホルモンが低下し、生理に影響することがあります。




増薬1日目〜3日目
・眠気が強い
・物事に集中する時間が短くなる
・日中は一日中、寝ているような感覚
・幻聴が聞こえる

増薬4日目〜7日目
・眠気が薄れる
・物事に集中できる時間が長くなる
・眠気を我慢できるようになる
・幻聴が聞こえる

増薬8日目以降〜
・ほとんど体調の変化がなくなる
・幻聴はだいぶ減ったがまだ聞こえる



スポンサーリンク